2006年01月24日

喫茶店で

【アナタニアエテ】幸福な瞬間【ヨカッタ】

476 :恋人は名無しさん :2005/10/17(月) 04:44:02
ウチは喫茶店によく行く。
普通のカップルなら見詰め合って会話を続けて…なんだろうけど
こっちはお互いに好きな雑誌を読んでるだけ
婦人画報とかRelaxとかそんな雑誌が中心
時々、気になる内容があれば「これいいと思わない?」みたいに話すけど
それ以外は無言。
そんな週末を過ごし続けて、ある時彼女に言われた。

「これを求めてたんだよね・・・二人別々に好きに本読めてさ、なんだけど一緒にいるって。
 あまり話さなくてゴメンね、でもあたしはこれで幸せなの」

実は俺も同じ様な事を思っていた。
俺も彼女も極端な個人主義なので、付き合ってるんだから何かしなくちゃって考え方はしない。
一般的に見て同様の考えを持つ人は少ないから、今までの相手では疲れっぱなしだった。
だからこそ、気を使ったり、無理に会話する必要の無い今の彼女と一緒に時間を過ごせるのが幸せだ。
きっと周りからは冷めたカップルに見えるんだろうけど、俺は彼女を誰よりも愛してる。
彼女もそれを理解し、俺だけを愛してくれている。

今から2時間後に海外出張のために家を出ないとならないので、今週平日は会えない。
一応、週末に帰る予定なので、次の休みも近くの喫茶店で会う約束をしている。
その時も同じように雑誌を読んでいるのだろうけど、そうしていられる彼女に出会えた俺は
本当に幸せ者だと思う。




480 :恋人は名無しさん :2005/10/17(月) 14:42:21
>>476
うちらと似てるw
同じ空間を共有できるだけでいいと思うタイプ…って言えばいいのかな

家でデートの時、2人が主に何やってるかって言ったら
彼→パソコン、ゲーム、電話   私→読書、ゲーム、テレビ   なんだよね。
あんまり会話無いしスキンシップもそんなに無い。
だからって嫌と思ったことは一度もないし(構ってくれよと思うときはたまにあるけど)
一緒にいて凄く気が楽だ。

それを幸せなこととは特に思わなかったけど、貴方のレスを読んで凄く幸せな気分になったw
ありがとう。
posted by atom at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ほのぼの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。