2006年01月14日

【ノロケ】暇つぶしに恋人自慢

124 :恋人は名無しさん :2005/10/10(月) 12:44:26
遠距離の彼女と土曜日から一緒に過ごした
ゆうべ、先に寝ちゃった彼女に寝言で俺の名前呼ばれて、
だいすきとか言われて
きっとこの板のみんなには大したことじゃないんだろうけど、
俺はそんなの初めての経験なもんだから嬉しくて、
心拍数上がって眠れなくなって
それからずーっと彼女の寝顔見ながら、起きるまで完徹

彼女送って今帰ってきた

これからちょっと寝る
おやすみなさい


 
147 :恋人は名無しさん :2005/10/15(土) 00:33:27
もう大昔の話

誰かと付き合うってのが、初めて同士だった俺と彼女
そもそも付き合うって何すれば良いのかも良く解らなかったけど、
街を歩くカプールを見かけて、俺には真似してみたい事が思いついた

俺「えーと……腕とか、組んでみない?」
彼女「え、ど、ヵfjjshlkじぇhsrs」

しどろもどろになって何か考え始めた彼女、横断歩道の信号待ちで、
立ち止まって自分の腰に両手を当てた

彼女「あの、ど、どっちからでも、どうぞ!」

あの時の話をすると、今でも彼女は真っ赤になって照れる




158 :恋人は名無しさん :2005/10/21(金) 00:42:06
 ガキの頃からお袋と2人で暮らしてきた俺の趣味兼特技は、料理。
何やってもダメな俺だけど、これだけにはほんのちょっと自信がある。
彼女の方は、仕事でも家事でも遊びでもだいたいソツなくこなすのに、
何故か料理だけが全くだめ。驚くほどだめ。彼女の友達もだめ。
 仲間うちで集まって飲んだりする時も料理当番はだいたい俺だから、
彼女の友達が何人か集まったその日も、俺が料理を作った。
可愛い女の子ばっかりだったから、それはそれは張り切って作った。
 大好評のうちに集まりが終わる頃、俺の料理を美味しい美味しいって
食べてくれた彼女の友達に、彼女は自慢気に言った。彼すごいでしょ?と、

「料理が上手って良いよねー、私が男だったら嫁にもらうね、絶対」

 あ…と、一瞬の間の後で論理の矛盾に気づいた彼女は、少し赤くなった。
俺もちょっと本気で喜んじゃったんだけど、でもそれじゃ男同士だろ、と。




172 :恋人は名無しさん :2005/10/22(土) 11:01:46
彼はバツイチ、保育園に通う娘さんが一人、男手ひとつで頑張って育ててる。

残業で遅くなる、泊りかもって言われて、昨晩私は娘さんと留守番してた。
一緒にごはん食べて、のんびりディズニーアニメのDVDなんか見てたら、
「ねえ、○○ちゃん(私)は△△(娘さん)のママになってくれるの?」

飲んでたコーヒーこぼしそうになりながら、私は聞いた
「うーん、解んないなぁ、誰に聞いたの?」
「パパ。”○○お姉さんがママになってくれたら、嬉しい?”って」
「△△ちゃんは嬉しい?」
「うんっ!大好きだもん」

私と自分の父親の関係をちゃんと理解してるとは思えないけど、
私は、ありがとう、私も大好きって言って娘さんの頭をなでなでしてあげた

結局彼が帰ってきたのは明け方近く
ぐっすり眠る娘さんの隣で、私は興奮して全然眠れなかったので、
今から寝まーす




174 :恋人は名無しさん :2005/10/22(土) 20:57:41
愛されてる感じってすごく幸せだよね。
で、うれしくて彼を大事にするともっと愛してくれる。
幸せのキャッチボールですね。
この状態を違和感なく続けてくれる彼は
きっと素直な性格なんだろうなあ。




200 :恋人は名無しさん :2005/11/02(水) 12:35:26
付き合う前から、あたしの事をちゃんと見てくれていた人。
雰囲気が壊れることを恐れるが故に、いつも明るく振る舞う私の、本当の私に気付いては
優しく触れて話をきいてくれる。
幸せすぎてこわいというと、この幸せはずっと変わることはないから、こわがる心配はないんだよって言ってくれる。
まだ20才だけど、この年にして大切な愛を見つけることができた気がする。
いつも包み込んでくれるあなたが大好きです、これからもよろしくね




206 :恋人は名無しさん :2005/11/03(木) 01:15:33
俺の誕生日に仕事終わって一時間半もかけてケーキ持ってきた彼女
俺にケーキ渡す時もぞもぞして
「ごめん生クリーム駄目なの忘れてた。買ってくる!!!!」
凄い勢いで謝る彼女
ケーキの上のチョコレートにさ 〇〇誕生日おめでとうと書いてあるケーキでさ
生まれて初めて彼女と過ごす誕生日最高だった
腹壊したけど全部食べたさ。凄く上手いバースデーケーキだった



207 :恋人は名無しさん :2005/11/03(木) 01:24:27
>>206
彼女もキミもいい人だ〜ほのぼのしたよ




209 :恋人は名無しさん :2005/11/03(木) 05:57:39
遠距離中の彼女めちゃめちゃ可愛い
すぐ凹んで、でも俺に心配かけないようにって
電話のとき無理やりテンションあげてくる
痛々しいから「無理すんな」っていったら
急に半泣きな声で
「なんでわかったの?」って電話の向こうで泣き笑いみたいになってた

もう向こうまで行って抱きしめたいと思った




227 :恋人は名無しさん :2005/11/06(日) 23:13:30
前の彼女に振られて3年
付き合い始めて一ヶ月くらいの彼女を
家まで送った別れ際に、外でキスした
俺「外でキスなんて何年振りかなー」
彼女「私は、初めて」

赤くなって俯いた顔が可愛くて
連れて帰っちゃおうかと
思ってしまったのであります




242 :恋人は名無しさん :2005/11/08(火) 13:17:49
歩く時は車道を歩いてくれ、お腹痛い時はダッシュで薬買って来てくれてお腹をおさえていてくれる。
生理が来た時もナプキン買いに行ってくれて、旅行に行った時重い荷物を全部持ってくれ、
雨が降れば自分はすごい濡れてるのに私は少しでも濡れないようにしてくれて、
靴やズボンが濡れたら慌てて拭いてくれて、足が痛くなったらおんぶしてくれて
体調悪い時はいくら仕事が忙しくても一瞬でもお見舞いにきてくれて
いつもにこにこしていて、私が嬉しいことがあったら「よかったねぇ」と頭なでてくれる。
まだまだいっぱいあるけど、ささいな行動一つ一つが私を大事にしてくれてるのが
感じられて言葉より伝わってくる。
あなたと出会えて私はとても幸せです




255 :恋人は名無しさん :2005/11/14(月) 21:56:08
仕事と親の病気の事で散々疲れてた時。
誕生日のある週末に、家に来てご飯を作って
ケーキ用意して祝ってくれた。
それだけでも十分嬉しかったのに、誕生日当日
会社からの帰りに、別れ際サプライズでネックレスくれた。

その日はお互い仕事が夜中遅くまでで、
向こうも疲れてるはずなのに…。
たくさんの気づかいが嬉しくて、
お礼がうまく言えないまま泣いてしまった。
自分だけがしんどいと思ってて、
優しくしてなかった事に反省。
お詫びとお礼をこめて、嬉しさと優しさを、
これから先ずっとプレゼントさせてください。


あ…長文スンマセン。。。




256 :恋人は名無しさん :2005/11/18(金) 15:40:21
彼が再就職した。
ニートだった時期があったせいか、ちょっと働くと疲れやすいし
サボり癖や怠け癖もあった彼。それで何度もバイト辞めてきた。
けれど、こないだ来たメールには
「今俺は働けるチャンスの中にいるんだから、会社の人もよくしてくれるんだから
やることやれること精一杯やるしかないと思うんだよね」とあって、結構感動した。
今までの彼からは考えられないくらい、仕事に対して前向きの言葉だったから。
今のお前はカッコいいぞ!的なメールを送ったら
「大切な彼女と一緒に暮らしたいと思ったらやる気出てきましたよ」と返事が来て
思わず泣きながら電話かけちゃった(電車の中で出れなかったけどw)。

真っ当に働いてる人から見たら自慢でもなんでもないねw
それでも今までと違う彼が嬉しかったので記念カキコです。



257 :恋人は名無しさん :2005/11/18(金) 15:59:56
>>256
ほわっ(*^ ω^*)



258 :恋人は名無しさん :2005/11/18(金) 16:26:35
ウラヤマシス(´・ω・`)



280 :恋人は名無しさん :2005/11/21(月) 22:09:54
私の会社は彼の会社のお客さんで、彼は営業で良く私の部署に来るけど、
仕事上差し障りがあるとまずいので、付き合ってるのは誰にも内緒。
先週、同僚が彼の会社の人たちと飲みに行くというので、ちょっと聞いてみた

私「それって○○さん(彼)も来るの?」
同僚「来ない。あの人さ、女子も一緒だって言うと、するーっと逃げるんだよ」
私「へぇー」
同僚「かっこいいからさ、あの人も一緒なら行くっていう子、多いんだけどね」
私「へぇーそおなんだー」
同僚「どうもね、付き合ってる彼女が実はめちゃめちゃ可愛いらしい」

思わず顔が緩んじゃうのを必死で我慢した
嬉しすぎるけど、もうちょっとくらいなら付き合い良くしても良いと思うよー




293 :恋人は名無しさん :2005/11/26(土) 18:46:43
彼氏の独り言
「これは恋ではないな。…愛だな」
嬉しくて、今日は1日このセリフばかり思い出してた(*´∀`)




407 :恋人は名無しさん :2006/01/04(水) 04:49:24
大学生同士のカップルです
普段は照れ屋で、ここの皆様が書いているようなドラマチックなことは
全く言わない&しない彼なんですが、
この間将来の話をしているときに、私が
「趣味はあるんだけど、将来やりたい仕事がないんだよね…困ったなぁ…」
といったら
「趣味は続けて、仕事は嫌になったらやめればいいよ。
俺が食わしてやるから。大丈夫だよ」
と言ってくれました。
とてもそっけなかったけど、
彼なりの精一杯の思いやりだったんだと思います
ありがとう、おじいちゃんおばあちゃんになってもずっといっしょにいようね
posted by atom at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | あまーい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11683936

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。