2006年01月08日

1年越しの…

【ノロケ】暇つぶしに恋人自慢 PART7

133 :恋人は名無しさん :2005/10/12(水) 20:41:36
彼女は、俺が更新を楽しみにしてる映画ネタのWebサイトのオーナーだった

けっこうデザインも凝ってるサイトだったのに、まだ高校生だって聞いて驚いて
俺の住んでる東京まで来るのに要る交通費に驚いて、会ったら可愛くて驚いて
もう驚かないと思ったら、俺のことが好きとか言い出されてトドメにもう1度驚いた

付き合う様になっても、遠距離な上に俺は貧乏な大学生でそうそう会えもせず、
会ったら会ったで一日中映画ばかり見てたから、やりとりはもっぱらメールだった
彼女、長い間声帯麻痺とか患ってたこともあって、それが当たり前になってた

彼女が3年生になった春、会うのを控えさせたいと言い出したのは彼女の母上
”交際に反対するつもりは無いけれど、東京の大学に行くと言っているので、
 お付き合いは卒業してからにしていただけませんでしょうか”
俺は携帯持って正座して、一人でペコペコお辞儀しながら話を聞いてた

”解りました。合格したら連絡を下さいとお嬢様にお伝え下さい”
なんて、つまんないプライドでやせ我慢して冷静なフリして答えた

それが去年の話




 
134 :恋人は名無しさん :2005/10/12(水) 20:42:57
その後1年ひたすら待った。何度も連絡を取ろうとしては思い直して堪えて、
こっちの方が大人なんだしとか、チンケな意地にしがみついて我慢して、
都合よく振られちゃったんだろうかとか良い歳していじけて、それでも待った

俺の携帯にメールが来たその日はとんでもなく良い天気で、俺は近所の
公園でボーっと流れる雲なんか眺めてた。彼女どうしてるかな、なんて考えて。

「お久しぶりです
 合格しましたよ
 もうすぐ東京に行けます
 私を覚えててくれてますか?」

嬉しくて急に心拍数増えた心臓抱えて、急いで返事を打った
「あれ?元気だった?」って「合格おめでとう」って、彼女の事なんか大して
気にしてなかったふりして、指震えちゃってんのに冷静なふりしてメールを打った

それから、「こっちに来たら何したい?また映画行こうか?」って舞い上がって
タイプミスにも気づかないくらい慌ててメールを打った

良く考えたら電話で話しても良かったんだけど、知り合った頃からメールで
やりとりするのが当然だったから、その時はそんなこと思いつきもしなかった

で、そのあとすぐ届いた返事は、今でも残してある
恥ずかしい話だけど、これ読んだ時ちょっと涙出たんだ
我慢してたり不安になったりしたのは、俺だけじゃなかったって思い知ったんだ

「あいたいです
 一緒にいたいです
 触りたいです
 ぎゅってして欲しいです
 だいすきです」




139 :恋人は名無しさん :2005/10/14(金) 00:19:50
>>133
良い話すぎて泣いちゃったよ…
ステキな彼女を持って幸せだね。こんな良い彼女を傷つけちゃダメだよw
posted by atom at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | あまーい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11443556

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。